shinya blog
      
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
S→S→L→S

THE RODDY GUSH BOOGIESを観に新宿SMOKIN' BOOGIEへ。

ボスさんとモンリーさん(THE HIGH TIMES)と軽く飲んでから向かうと、入り口にユウスケさん。
ナオさん(姐御)も合流し、まだ時間があるという事で再び飲みに。
途中で通り過ぎたビデオ屋には“FOR GAY”の文字。
さすが2丁目…

SMOKIN' BOOGIEに到着すると、最初のバンドが演奏中。
TURBOさん(ROSY CAT BABY)の別のバンドらしいです。
コピーバンドなのかな?
SEX PISTOLSとかTHE TOY DOLLSとかTHE LARKSとかやってました。

2番目がTHE RODDY GUSH BOOGIES。
リハをやっていないらしく、不安そうでした。
何故かボスさんはもっと不安そうでした(笑)
確かに音はちょっと微妙だったかも…
でも演奏は妙に安定してた気がする。
「BLACK FLAG」のギターソロが完璧でした(笑)
「SUMMERTIME BLUES」のカバーって初めて?
で、やっぱり最後の「BEER」はテンション上がりますね。

そして、三度目の飲みに。
つうか今日は金使い過ぎだわ…(-_-;)
けっこう早めに帰宅。


【今日の1曲】
THE CHAMPSで、
「TEQUILA」。
久々にこれのカバーやってましたね。
スポンサーサイト
DO IT YOURSELF 2

基本的に何かを作るのが好きで、創作意欲が止まらなくなったりする…
というのを以前書きましたが(4/17参照)、今まさに止まりません。
どうやら俺は精神的に余裕がない時ほど何かを作りたくなるようです。
カタルシスを得ようとするのでしょうか…

ちなみに、前回の秘密兵器というのはジョニー・サンダース追悼ライブ(4/23参照)で着用した革ジャン。
ジョニーが着用していた革ジャンを再現し、キドニーパネル以外は完コピ(アクションプリーツも排除)。

その前に作ったのは、15ホールのALL STAR(CONVERSE)。
我ながらアホ過ぎる一品でした(笑)

で、現在作ろうとしているのは…もちろん秘密。
フェイクハラコの生地(豹柄)を探してるんだけど、なかなか見つからなくて困っています。
知ってる人いたら情報お願いします。


【今日の1曲】
TELEVISIONで、
「MARQUEE MOON」。
今宵はこんな気分。
雨で月なんか見えないけどね。
HIGH QUALITY 2

映画が大好きです。
音楽と同じくらいと言えるほど大好きです。

でも、このブログには映画ネタを書かないようにしています。
その制限をなくしてしまうとキリがなくなる。
それどころか【今日の1曲】が【今日の名作】になりかねない。
だが、今日は映画について書きたくなった。

はい…お察しのとおり先日の引用です(5/27日参照)。
もとい、セルフカバーです。

ここからは普通に…

一番好きな映画はスタンリー・キューブリック監督の「時計じかけのオレンジ(1971年アメリカ)」(写真参照)。
ベタだとは思いますが、俺の中でこれに勝てる映画はない。
というか、キューブリックに勝てる監督はいない。

地元から出てきて最初にやったバイトがレンタルビデオ屋でした。
店員はタダで借りれるって事で、そのバイトをしていた半年間で観た映画は約300本(古い映画か単館系ばっかり…)。
それだけ観ても「時計じかけのオレンジ」を超える映画はありません。

唯一牙城に迫ったのはミロス・フォアマン監督の「カッコーの巣の上で(1975年アメリカ)」(写真参照)。
ジャック・ニコルソンは名優ですね。
キューブリックの「シャイニング(1980年アメリカ)」(写真参照)も彼が主演ですが、素晴らしいです。

キューブリックの他の作品と言えば「博士の異常な愛情(1964年イギリス)」(写真参照)。
ブラックコメディの大傑作。
“VOICE OF A GENERATION vol.2”のフライヤー(写真参照)の元ネタですね(笑)

止まらなくなるのでこの辺にしておきますが、どれも本当に素晴らしい作品なので興味がある人は観てみてくださいな。

~ついでに~
漫画同様、上記以外で個人的に特別な漫画をいくつか紹介。

「アパートの鍵貸します(1960年アメリカ)」
「勝手にしやがれ(1959年フランス)」
「告発(1995年アメリカ)」
「17歳のカルテ(1999年アメリカ)」
「ショーシャンクの空に(1994年アメリカ)」
「タクシードライバー(1976年アメリカ)」
「デリカテッセン(1991年フランス)」
「天井桟敷の人々(1945年フランス)」
「バグダッド・カフェ(1987年ドイツ)」
「ハピネス(1998年アメリカ)」
「ライフ・イズ・ビューティフル(1997年イタリア)」

以下4作は敢えて外しました(笑)

「アメリカン・グラフィティ(1973年アメリカ)」
「さらば青春の光(1979年イギリス)」
「ブルースブラザーズ(1980年アメリカ)」
「ロックンロール・ハイスクール(1979アメリカ)」


【今日の1曲】
映画「雨に唄えば」より、
「SINGIN'IN THE RAIN(邦題:雨に唄えば)」。
映画音楽で真っ先に思い付くのはこれ。
「時計じかけのオレンジ」でも印象的に使用されました。
THEN...

いってみましょう。
ボンちゃん(No.EIGHT)'s QUESTION(5/21参照)。

「わんこそばとは普通の蕎麦と違う蕎麦なのですか?」
「わんこそばをゆっくり食べても良いのですか?」

わんこそば関係って雑学本とかでもけっこう多いです。
聞いた事がある由来は2つ。
1つは大勢に配る際、数回に分けて茹でないと一度に配れないので、量を減らして一度に配ったというもの。
もう1つは、殿様の口に合わない場合を恐れ一口だけ出した蕎麦が気に入られ、何倍もおかわりしたというもの。

で…さっき改めて調べてみたところ“わんこ”は戦後にできた言葉なので、後者は微妙かもしれないらしいです。
あ、“わんこ”はお椀の事ですね。

というわけで…
「普通の蕎麦と違う蕎麦なのですか?」
→蕎麦そのものは普通の蕎麦と同じです。
「ゆっくり食べても良いのですか?」
→好きにしてください(笑)

ただし、現在における“わんこそば”は商品名ではなく競技名のようなものなので、ゆっくり食べては意味がありません。


【今日の1曲】
THE ROCKATSで、
「MAKE THAT MOVE」。
何故か今日めちゃめちゃ頭ん中でリピート。
つうか今も。
HIGH QUALITY

漫画が大好きです。
日本が世界に誇れるのは漫画とアニメとテレビゲームだけなのでは?
と思ってしまうほど大好きです。

でも、このブログには漫画ネタを書かないようにしています。
その制限をなくしてしまうとキリがなくなる。
それどころか【今日の1曲】が【今日の1冊】になりかねない。
(以前に書いた「デトロイト・メタル・シティ」に関しては、作品そのものの内容ではないので例外。4/12参照)
だが、今日は漫画について書きたくなった。

一番好きな漫画を聞かれた時にマニアックな作品を言うつもりはない。
言いたくなる気持ちも分かるけど、俺にとっての一番は超有名作品。
誰がなんと言おうと「スラムダンク」(井上雄彦)である。

それはともかく、漫画について書こうと思ったのは久々に大好きな漫画を読み返したからだ。
「昴」(曽田正人)というバレエ漫画(写真参照)。
無名というわけではないが、それほど有名でもない。
何故こんな位置にいるのか理解できない。

「どんな漫画?」と聞かれたら、迷わず「凄まじい漫画」と答える。
これを読んで何も感じない人間には心底同情します。
自分の感性の乏しさを恨んでください。
(↑あくまで“誤解を恐れず言えば”です)
好みを押し付けているわけじゃないです。
好きじゃない人もいると思います。
(↑誤解を恐れてフォローしてますが)
でも好きか嫌いかというベクトルじゃなくて、とにかく凄まじいんです。
どちらにしても文字で伝えるのは不可能なので、興味ある人は読んでください。

~ついでに~
上記以外で個人的に特別な漫画をいくつか紹介しておきます。

「キラキラ」(安達哲)
「漂流教室」(楳図かずお)
「ウイングマン」(桂正和)
「あしたのジョー」(ちばてつや/高森朝雄(梶原一騎))
「デビルマン」(永井豪)
「エンジェル伝説」(八木教広)


【今日の1曲】
VAN MORRISONで、
「BALLERINA」。
無理矢理じゃなきゃいけないような気がしてきた。
肉体疲労の栄養補給に

疲れた…
眠い…
早く帰りたい…
早く寝たい…

それなのに…

ビールを飲む元気だけは残っているものです。
本能的に最後の最後まで残しておくチカラなんでしょうね。


【今日の1曲】
ハニー・ナイツで、
「オー・チン・チン」。
THE HANGING COCKS…
これがSEだったら面白いですかねぇ?(笑)
ジャケは水森亜土。
撲滅運動

雨が嫌いだ。
そりゃ好きな人のほうが少ないだろう。
でもそんなレベルじゃない。
大嫌いだ。
雨なんて死んでしまえ。
山だけで降ってればいいんだよ。

もうすぐ梅雨。
俺にとっては拷問を受けているような季節。
雨の日に楽器を持って満員電車…殺意すら芽生える。

それともう1つ。
梅雨時には奴らが多発する。
俺がこの世で最も嫌いな存在。
その名は…“G”
名称を聞くだけで文字どおり虫唾が走る。
故に、ここでは“G”で勘弁して頂きたい。

日本で一般的に見かけるGは3種類。
CGとKG(YG)とWGである。
CGが3種類の中で最も小さく、生命力が弱い。
出現率が高いとは言え、比較的楽勝。
問題はWG。
3種類の中で最も大きく、生命力が強い。
しかも…飛ぶ。
どう考えても反則だ。

嫌いなのに異常に詳しいと思われるかもしれない。
「好きなのでは?」なんて馬鹿を言ってはいけない。

俺はGが死ぬほど嫌いだ。
奴らの駆除の為なら努力を惜しまない。
俺は奴らを知る事から始めた。
嫌いだからこそ知るべきだと判断した。

敵を知る事から始める。
戦略の基本。

この話をすると毎回みんな引きますけどね…(-_-;)


【今日の1曲】
LOUIS ARMSTRONGで、
「WHAT A WONDERFUL WORLD(邦題:この素晴らしき世界)」。
今日、有線で聴いたので。
今回はサッチモのほうです(5/9参照)(笑)
ジョーイ・ラモーンもカバーしてますね。
おしゃれ泥棒

DroogieVelvetsTHE RODDY GUSH BOOGIESを観に新宿club Doctorへ。

トップはDroogieVelvets。
なんていうか毎回確実に良くなってる。
ずっと気になってたエース(Vo,Gu)のマイクの角度と、ベンジャミン(WB)のエンドピンの高さが完璧になってた。
デイジー(Ds)は言う事ないです(←偉そうですね…)。
インストは新曲じゃないらしいけど初めて聴いた。
途中でタンゴ調(ダッダッダッダダ)になるところとかエースらしいと思う。
「DANCE WITH FIGARO」は本来のテンポに戻ってたけど(4/26参照)、そのほうがいいね。

2番目がTHE RODDY GUSH BOOGIES。
今日かなり良かった。
なんだろ…音かな。
ハープもカズーもいつもより出てたと思う。
なんか分かんないけど良かった。
でもNAO-KIDDさん(Vo,Gu)はテンション低かったらしい(笑)
言われてみれば確かにそうだったかもしれないけど、ライブ自体は良かったです。

3番目、4番目の終了を待たずT.T.T(炭々亭)へ。
このB1→1Fのコンビネーションは落ち着きます(笑)
ヨーコちゃん(乙です☆)とナオさん(姐御)とウルフさん(No.EIGHT)はライブに間に合わず、飲みに来ただけになってました。
最後は何故かT.T.T前で写真を撮って帰宅(写真参照)。


【今日の1曲】
THE JAMで、
「BATMAN」(カバー)。
ロディーこれ最近やんないね。
スーパーモデル

夢って毎日見ますか?
あんまり見ない人もいますよね?
最近、毎日必ず夢を見る。
眠りが浅いんかな?

小田急線(下北沢~新宿)でジェマ・ワードに遭遇する夢を見た。
意味が分からん…(-_-;)
しかも隣に座って撮影を始めた。
ありえん…(-_-;)
明らかに現実(178cm)より小さかった…
…(-_-;)


【今日の1曲】
X-RAY SPEXで、
「IDENTITY」。
いつ聴いても凄い声だわ。
お辛いのがお好き

ボンちゃん(No.EIGHT)からの新たな疑問(5/21参照)。

「カラシはどうやって作るの?」
「カラシは何か植物から作られるのですか…??」

について。

そのとおり。
“カラシナ”という植物の種から作られます。
植物っつうか野菜ですね。
種はカラシの材料で、葉は漬け物にしたりします。
高菜とかザーサイみたいなもんです。

ここでいう“カラシ”は“和からし”の事です。
マスタードはよく分からないので調べておきます(笑)


【今日の1曲】
THE BEATLESで、
「MEAN Mr. MUSTARD」。
なんか昨日と同じパターンですね…(-_-;)
ネタ募集中

あまりにもネタがないので(正確にはどれをネタにすればいいのか分からないので)、無知だけど雑学が好きなボンちゃん(No.EIGHT)に、
「ネタがない!何か疑問に思ってる事とかある?」
というメールを送ったところ、
宮川大輔って芸人と、宮川大助・花子の大助は同姓同名?」
「カンガルーの赤ちゃんはお母さんのポケットにどうやって入るの?頭から?足から?ジャンプ?」
というネタを頂いたので、お答え致します。

まず宮川大輔(ex:チュパチャップス)と宮川大助・花子について。
宮川大輔は本名だが、宮川大助は本名が松下孝美。
よって同姓同名ではない。
以上。

次にカンガルー。
ご存知のとおりカンガルーは有袋類ですね。
有袋類は他の哺乳類(カモノハシ目を覗く)と違って胎盤がないので、子宮内で子供を育てる事ができません。
で、未熟児状態で産まれた子供を腹部の袋で育てるわけです。
この袋の中におっぱいがあります。
で、本題の「頭から?足から?ジャンプ?」ですが…
それなりに大きくなってからでも入るとはいえ、もともと未熟児用の袋なのでジャンプして入ったらシャレになりません。
ジャンプじゃなければ足から入るというのは考えにくいですね。
よって答えは“頭から”です。
頭からモゴモゴ入って、中で体を反転させて、頭と後足を出します。


【今日の1曲】
ARETHE FRANKLINで、
「JUMP TO IT」。
マジ無理矢理…くだらねぇ…(-_-;)
ぐだぐだ…

THE SHYLOCKを観に本八幡3rd STAGEへ。

と、言いたいところなんですが…
早朝に帰って(5/19参照)倒れ込むように爆睡。
で、昼くらいに起床。
ここまではいいんですけど…起きてすぐ飲みたくなってしまったんです。
で、昼から1人で飲んでたわけです。
気が付いたら7時…( ̄ロ ̄;)!!
寝てたみたいです…
THE SHYLOCKの出番は19時45分。
間に合わない…神のチカラを借りても…

それでも本八幡に向かい、20時半に到着。
5分ほど前に終わったそうです(無念)
野内さん(Ds)…ごめんなさいm(__)m

せっかく千葉まで来たのでNAO-KIDDさん(THE RODDY GUSH BOOGIES/船橋在住)にメールしてみると、逆に都内。
予想どおりボスさん(The HIGH TIMES)と一緒だったらしい(笑)

とりあえず次のバンドだけでも観ようと思い、麦酒片手にスタンバイ。
出てきたのはANARCHY STONEという何とも可愛らしい女のコのスリーピースバンド。
音が出た瞬間、最前列(3人くらい)が大暴れ。
なんか最近この手の観客(偏見)をよく見るなぁ…(5/17参照)
それにしても可愛い。
そこで評価するのはどうかと思うけど…可愛いものは仕方ない(笑)

その後、タッケンさん(LA★ROCCA)とヨーコちゃん(乙です☆)とSAND'S DINERへ。
タッケンさんは昨日の(王将の)せいで声がガラガラでした(笑)
軽く食って飲んで帰宅。

何しに本八幡まで行ったんだか…


【今日の1曲】
THE STREET SLIDERSで、
「すれちがい」。
帰りの電車でNAO-KIDDさんからメールが…
「帰ってきましたー」
生徒諸君

BUZZ DOGSTRASH BOXの共同企画“ロックンロール・ハイスクール!!2DAYS~春の特別講議・1日目~”という事で、下北沢MOSAiCへ。

入ったら「SHOUT!SHOUT!」(SE)が。
LA★ROCCAギリギリ間に合った。
今日は全員揃ってて(5/17参照)、やっぱこうじゃなきゃなーって感じ。
「LONDONS ALLNITE」やらなかったけど、「プリンセス・サファイヤ」聴けて満足。
そういえば、曲を増やしてました。
「さっきの照明もう1回お願いします」byタッケンさん(Vo,Gu)(笑)

束の間のまったりトーク。
あんまり知り合い居なかったなー。
俺はTHE SIMPSONSと一体化してました(写真参照)

で、TRASH BOX。
観るの初めてなんだよねー。
かなり盛り上がってた。
いろんな意味で定着するって大事な事だと思う。
頑張らねば。

トリはBUZZ DOGS。
今日はなんとギターがヨシトさん(ex:BUZZ DOGS)(!)
なんか楽しそうだったなー。
「東京ロデオ」が聴けて大満足。
新曲「海賊セレナーデ」もいい感じですねぇ。
ミユキちゃん(キャメラ)はイトさん(Vo,Gu/新宿club Doctor)のイメージが変わったらしいです(笑)

終了後、まったりトーク2回目。
タッケンさんとリアル海賊話(笑)
ミユキちゃんが感動してた(笑)

その後、王将に移動。
すっげーテンション高かったなー(笑)
コージさん(HOT DOG BUDDY BUDDY)とイトさんは終始爆睡。
続けて俺も…
なんだかんだ、みんな朝までダラダラしてましたね。

フラフラしながら帰宅。
ぐったり…

(注:これを書いている日時と上記の日時は異なります。)


【今日の1曲】
THE BOYSで、
「SICK ON YOU」。
最近久々によく聴いてます。

予定がないのでDISC UNIONへ。

毎月、給料が入ると目的もなく立ち寄る。
とりあえず、70's PUNK/POWER POPコーナーを細かくチェック。
あとは適当にグルッと1周。
大抵、少なくとも何か1枚は欲しいのが見つかる。

今日も1枚ゲット。
レジへ向かう。

その時、レジ横のアクセサリーコーナーが気になった。
装飾品のアクセサリーじゃないですよ。
付属品とかそっち系です。
主に収納とかですね。

現在、我が家ではDISC UNIONのLP用ダンボール箱(写真参照)を2箱使用しています。
縦に積んでいるので下のを取り出すのが面倒な上に、上の重みで潰れかけているので何とかしようと思ってた。
そこで発見したのがLP用ツインラック(写真参照)。
2段だから今までどおり収納できるし、取り出すのも楽。
しかも木製で潰れないときたら買うしかないですね。

購入→帰宅→組み立て。
あ~らピッタリ。

有意義な買い物でしたp( ̄^ ̄)q


【今日の1曲】
THE MEMBERSで、
「SOUND OF THE SUBURBS」。
特に意味はありません。
気分です。
完成度の高い1曲。
前ぇ前ぇ前の晩

松下さん(キャメラ)の誕生日(イヴ)イベント“Mama's Birthday(Eve)”という事で、新宿club Doctorへ。

到着したら、ちょうどBUBBLELOVELEが終わったところ。

2番目、激情ソロバンド。
「未来は僕等の手の中」by THE BLUE HEARTSをやった後、
「この歳でこんな事やってて未来なんかねーよ!」
って叫びと共に、「GOD SAVE THE QUEEN」by SEX PISTOLS。
の~ふゅ~ちゃ~♪
あと、BOØWYとかやってました。

3番目、Plastic Nine
何回も観てるけど、やたらカッコイイんです。
ギターの人がドラムに突っ込んじゃいました。

4番目、Peppy Foolish
ボーカルが超アニメ声。
観客もそっち系(偏見)。
独特のノリ(フリ)にはかなりウケた(笑)
でも演奏は上手かったです。

トリ、LA★ROCCA
SEが復活してました(笑)
タッケンさん(Vo,Gu)はホワイトファルコン。
やっぱりこのイメージ(5/6参照)。
今日の1曲目は「LONDONS ALLNITE」でした。
KUMAさん不在で5人だったので、U-sukeさん(YOURMINUS)がお馴染みの途中参加。
阪神ボーダー(黄×黒)で溶け込んでました(笑)
アンコールは「VIVA LA FIESTA!!」。
これから始まるかと思いましたよ(笑)

終了後、取り留めのない話で終電ギリギリまでダラダラ。
新宿駅から帰るのはいつも1人なのでなかなか淋しいです。

松下さん、おめでとうございます。


【今日の1曲】
SUGARCUBESで、
「BIRTHDAY」。
かなり無理矢理。
食わず嫌い

リハでした。
いやぁ、なんか久々な気がする。

終了後、NAO-KIDDさん(THE RODDY GUSH BOOGIES)が出没。
ユウスケさんと3人で坐・和民へ。

NAO-KIDDさん、最初は終電とか気にしてたけど…けっきょく2時くらいまで飲んでました。
当然のように、うちに泊まっていきました。

彼は毎日ローテーションで誰かの家に泊まってるらしいです。

(注:これを書いている日時と上記の日時は異なります。)


【今日の1曲】
PATTI SMITHで、
「BECAUSE THE NIGHT」。
パティ好きって言うと意外って言われます。
携帯の待ち受けにするくらい好きなのに…(-_-;)
芸術作品

ついに手に入れました。
ウェイファーラー型サングラス。
はい…本物は高いので、あくまで「型」です(笑)

ウェイファーラー…
ボシュロム社Ray-Banの超定番型サングラスで、「サングラスといえばこれ」というくらいのイメージにまで定着したモデル。
一昔前までは同じようなタイプがゴロゴロしてましたが、今ではほとんど見かけません。
普通過ぎて売れなくなったんでしょうか?

どうしても欲しくてずっと探してたけど見付からず。
頑張ってRay-Banを買おうと思っていたくらいです。
(もっとも、日本では現在廃盤ですが…)
その時…見つけちゃったんですよ。
下北のSmallChangeで。
カシメの形もほぼ同じ。
即購入しました。

ウェイファーラーといえば、映画「BLUES BROTHERS」(写真参照)。
ただし、1作目のダン・エイクロイドはウェイファーラーではありません。
これ、けっこう意外。


【今日の1曲】
映画「BLUES BROTHERS」より
RAY CHARLESで、
「SHAKE YOUR TAILFEATHER」。
この映画で一番好きなシーンです。
一攫千金

なんか最近“toto”の“BIG”ってのが話題ですね。
従来のサッカーくじみたいに勝ち負けを予想するんじゃなくて、最初からランダムに決められてるヤツ。

今まで1等当選者が出てなくて、15回のキャリーオーバー(繰り越し)で6億円(上限)まで跳ね上がってるとか。
しかもサッカーを全然知らなくても当選する可能性があるって事で購入者が殺到。
システムダウンによる発売休止なんて事態に。

一口300円で6億円だから気持ちは分かるけど…
“勝ち”と“負け”と“引き分け”の3通りが14試合。
3の14乗分の1=4782969分の1ですね。
500万人が買えば1人は当たるって事か…

いわゆる“宝くじ”の一種ですが、宝くじの歴史ってけっこう古いんです。
世界初の宝くじは1529年のフランスで、軍資金を集める為のもの。
名称は“ロトリー”で、“LOTO”の語源です。
日本初は1630年で、名称は“富会(とみえ)”。
“宝くじ”って名称は1945年(昭和20年)から。
1994年の“ナンバーズ”から自分で数字を決められるタイプが登場。

はい。
かなりどうでもいいですねm(__)m

~おまけ~
1999年にブラジルで36億4800万円の当選が出ましたが、当選者は名乗り出ませんでした。
狙われるのを恐れた為だと思われます。
2004年、イギリスで服役中の男に14億2000万円の当選。
終身刑だったので全く持って無意味…その後不明。


【今日の1曲】
THE MONKEESで、
「DAY DREAM BELIEVER」。
一攫千金の夢を信じてみたいものです。
味な話

先日、ユウスケさんのブログに書いてあった“BBQ味”の謎について(yusuke blog 5/10参照)。

スナック菓子やファーストフード店のポテトフライ等に見られるBBQ味。
そもそもBBQ(barbecue)っていうのは、直火で肉とか野菜とか魚貝類を焼く料理の事。
場合によってはその調理法(BBQにする)や行為(BBQをする)を指す。
って事は…
“直火で肉とか野菜とか魚貝類を焼いた味”。
もしくは“直火焼き味”。
もしくは“直火焼き行為の味”。
という事になる。
もちろん意味不明。

じゃあ“BBQソースの味”って事?
BBQソースっていうのは、トマトケチャップ、ウスターソース、果汁類、ニンニク、ショウガ等、様々な材料を混ぜ合わせて作られるソースの事。
つまりBBQ用ってだけで、決まった味があるわけではない。
市販のBBQソースもあるけど、そんなのは各メーカーが勝手に決めた味だし。

よって、BBQ味に定義はないって事ですね。
“最初に発売されたBBQ味の味”って事か。

~おまけ~
“サラダ味”ってサラダの味はしませんよね?
野菜の味がするわけでもなければ、ドレッシングの味もしない。
(じゃがりこのサラダ味には赤とか緑のツブツブがありますが…)
では何故サラダ味なのか…
実は“塩味”と同じ事なんです。
だから塩味とサラダ味が両方存在するお菓子はないんです(たぶん)。
1960年代初頭の日本は高度成長期による欧米化で、“塩味”より“サラダ味”にしたほうがイメージが良かったわけです。
何故、よりによってサラダなのか…サラダ油を使ってるから。
それだけ。


【今日の1曲】
MC5で、
「KICK OUT THE JAMS」。
なんでこんなにカッコイイんですかねぇ?
いろんなバンドがカバーしてるけど、オリジナルが一番カッコイイ。
さんきゅーふぁっく

THE RODDY GUSH BOOGIESを観に船橋ROOTSへ。
船橋…今までの人生で2番目に東の地です(笑)
ちなみに、1番は津田沼INSOMNIAで、本八幡3rdSTAGE東京ディズニーランドと続きます(笑)

船橋到着。
全く道に迷わずROOTSへ。
第一印象は…でかい(!)
横に長い。
ただし、ステージの奥行はありえない狭さ。

始まる前、受付にいたら変な3人組が。
おっさんとおばさん×2。
物珍しそうに入ってきて、
「今日のショータイムはまだやってるんですか?
なんかロックとか書いてありますけど。」
ショータイムて…(-_-;)
ここでボスさん。
「この後のバンドめっちゃカッコイイですよ!
カウパンクですわ!」
で、入店。
こんな事もあるんですねぇ。

THE RODDY GUSH BOOGIESスタート。
SEでの登場時から凄まじい盛り上がり。
知り合いではなく、対バンの高校生一派らしい。
始まるや否や大暴れ。
しかも変なノリ。
途中、最前列で全員が肩を組んで一直線に(!)
それが3回くらいあって、さっきのおっさんとおばさんも乱入(笑)
ライブよりそっちが気になりました(笑)
内容に関しては…まぁこんな日もあるさ(4/24参照)(笑)
外音が良かっただけに尚更でしたね(笑)
それでも最後まで盛り上がり、何を思ったのか突然ステージで踏み台昇降する輩まで出てくる始末(笑)
最後にNAO-KIDDさんの一言。
「THANK YOU FUCK!」
まんざらでもなかったのでは?(笑)

終了後、軽く飲みに。
ボスさんはいつものように、
「終電で帰るで」
ここは船橋なので無理だと思われます。

当然のように帰れなくなり、NAO-KIDDさん邸(実家)へ。
なんか家で寝る事が少ないなぁ…


【今日の1曲】
THE ISLEY BROTHERSで、
「SHOUT」。
今日のロディーは珍しく全曲オリジナルだったので、いつもカバーしてるこの曲を。
酒と酒と男と酒

最近、筋肉痛が2日後にくる事をモロに実感したシンヤです。

仕事中にボスさん(The HIGH TIMES)から電話。
「飲もうや」
というわけでボスさん邸=ミヤタカズヤ(No.EIGHT)邸へ。

到着し、ボスさんの一言。
「今せっかく新曲できそうやったのに」
そっちが呼び出したクセに…(-_-;)

音楽聴いたり、ビデオ観たり…
いつもどおりの酒宴。

初めて「BY MYSELF」(最近ハイタイムスがライブでやってるカバー曲)のオリジナル、The Up&Down Tripsを聞かせてもらいました。
超カッコイイです(!)

そしてビデオはDEAD RAMONES。
THE CONRODS企画のビデオに登場した企画バンドで、もちろんRAMONESのコピーバンド。
これがまた…ファンにはたまらない事をやってくれてまして…
「続・夕陽のガンマンのテーマ」のSEから始まり…
「DURANGO 95」
「TEENAGE LOBOTOMY」
「PSYCHO THERAPY」
をノンストップ。
これって1991年のスペインでのライブ(音源:LOCO LIVE)とか、1996年のLAでのライブ(音源:WE'RE OUTA HERE)とかと全く同じなんです。
演奏もしっかりしててカッコイイ。
RAMONESは簡単って思うかもしれないけど、シンプルだからこそ難しいんです。
強いて言うなら、ギターとベースの位置を逆にしてほしかった(笑)

そんな事をしてるうちにミヤタカズヤ帰宅。
3人で買出し。
歩きながら歌うボスさん。
曲はJITTERIN'JINNの「プレゼント」。
「あなたが私にくれたもの
高架下に落ちてるエロ本
あなたが私にくれたもの
モザイクがまだ黒のヤツ」
…絶句(嘘、大爆笑)。

買出し終了。
白菜、豆腐、うどん。
つまり鍋的な材料。
どうして今なのか…
どうして今ここで鍋なのか…
それはボスさんが以前より熱弁していた“旭ポンズ(写真参照)”を味わう為。
地元にしか売ってないらしく、先日帰った際に買ってきたらしい。
期待して食べてみると…マジで旨い(!)
これはかなりオススメです。

21時、ミヤタカズヤはNo.EIGHTのリハへ。
再びボスさんとサシ飲み。
ここでのBGMは憂歌団。
で、NAO-KIDDさん(THE RODDY GUSH BOOGIES)登場。
さすがです(笑)
そしてビデオはジュンスカに(笑)

いつの間にか寝てました。


【今日の1曲】
JUN SKY WALKER(S)で、
「声がなくなるまで」。
ボスさんの替え歌が印象的。
○「う~たあ~て~あ~げる~よ~」
×「ち~くび~が~ふ~たぁ~つ~」
今日はちょっと下品でしたね…
HEALTHY

休み。
何もない休み。

なかなか行けなかった眼科に向かう。
今日はやってた(5/1参照)。

そして…何を思い立ったかサウナに行きたくなった(笑)

ネットで調べ、クーポンをゲット。
いざ目的地へ。

13時くらいに到着。
いわゆる健康ランドのような作り。
風呂&サウナ、アカスリ、食事、マッサージ、岩盤浴、漫画コーナー、ムービールーム等、なかなか満喫できそうな予感。

ちなみに、ゲットしたクーポンは入館料+食事+岩盤浴のセット。

入館して、とりあえず風呂に入る。
平日の昼間なので人も少ない。
いるのはオッサンのみ。
金髪が珍しいらしく、変な目で見られる。
サウナ→水風呂を繰り返す。
爽快。

風呂上がりはベタに珈琲牛乳(もちろんビン)。

館内着に着替え、漫画コーナーへ。
漫画喫茶に比べれば規模は小さいが、充分楽しめる量。
小1時間ほど読みふける。

そして食事。
例のクーポンにより「ステーキ御膳」「胡麻醤油だれの刺身ヅケ丼セット」「春野菜とベーコンのスパゲティセット」の3種類からチョイス。
しかも1つドリンク付き。
クーポンの値段から考えて、激安だと思われます。

そして岩盤浴(初体験)。
開始前に発汗作用を高める水というのを飲まされる。
かなりの発汗が体験できるとの事。
入室すると、部屋全体が低温サウナのよう。
つうか足の裏がマジ熱い(-_-;)
で、タオルを敷いて横になる。
部屋が暗くなり、リラクゼーション的な音楽と香りが。
その時の印象は“寝苦しい夏の夜”って感じで、正直ナメてました。
が、ついウトウトしたが最後…ハンパない汗の量(!)
リアルに感動しました。

再び風呂へ。
もちろんサウナ→水風呂を繰り返す。
超爽快。

で、また漫画。
なんか住み着きたくなってきました。

時計を見たら21時(!)
まさか8時間も滞在するとは思ってなかった。
超満喫して帰宅。

いい休日でした。


【今日の1曲】
LED ZEPPELINで、
「STAIRWAY TO HEAVEN(邦題:天国への階段)」。
まさに天国でした。
オヤジ化してますね。
手抜き

何も入ってない自販機を発見(写真参照)。
しかも全部売り切れでした。

たまにはこんなでもいいですか?


【今日の1曲】
SAM COOKEで、
「(WHAT A)WONDERFUL WORLD」。
今日は暑かったですね。
ボーッとしてたら何故かこの曲が浮かびました。
サッチモのほうじゃないですよ(笑)
夢の一品

皆さんは“お子様ランチ”ってどういうイメージですか?
今となっては何の変哲もありませんが、考案された当時は夢のようなメニューだったらしい。

これを食べるにはデパートのレストランに行く必要があり、そう簡単に連れて行ってもらえる場所ではなかった時代。
あれだけの品目を一皿に盛るという斬新さ、しかも子供に人気の料理ばかりとくれば、当時の子供達にとって憧れの存在であったに違いない。
そう…彦摩呂のようなエセ宝石箱ではなく、リアル宝石箱である。

1930年(昭和5年)に日本橋三越本店の食堂部で考案され、「御子様洋食(御子様定食かも…)」として販売。
翌年、上野松坂屋にも登場し、「お子さまランチ」という名称に。

さて、お子様ランチの品目と言えば、チキンライス、ハンバーグ、エビフライ、唐揚げ、ナポリタン、そしてデザートのプリン。
定番ですね。
で、もちろんチキンライスには国旗。
旗を立てるという発想は考案当時からあったんですが…
なんと当時は国旗ではなく、三越のマークだったという事実(!)
三越では今でもそうなのかな?

ちなみに…年齢制限がなく、ランチタイム以外でも注文できる場合がほとんどです。

~余談~
アンパンマン」に“おこさまランチくん”というのがいます。
スプーンに乗って空を飛び、おこさまランドを守っています。
頭の旗を取られると、チカラが出なくなります。


【今日の1曲】
GENERATION Xで、
「KISS ME DEADLY」。
お子様ランチ=若気の至り=GENERATION X。
って…かなり無理矢理ですね。
とりあえずGENERATION Xで一番好きな曲。
平穏な日々

最近、初対面の人に
「タッケンさん(LA★ROCCA)の日記によく出てくるシンヤ君?」
って言われるシンヤです。

さて、今日から数日間は予定がなくて困っています。
予定もないけど金もないので、飲みに行く事すらままなりません。
こういう時はゆっくり音楽でも聴いて、新境地を開拓しようと思います。

話は変わりますが、「芸能人雑学王最強No.1決定戦!!」(テレビ朝日)という番組をご存知でしょうか?
不定期(?)で放送される、タイトルどおりの内容の番組なんですが、前回の放送を見ていて1つの疑問が。
「昭和33年までの10円玉は淵がギザギザに加工されていますが、それ以降の10円玉にギザギザがないのは何故でしょう」という問題。
この問題の答えは“最高額硬貨の証”。
要するに、当時の最高額硬貨は10円玉だったが、その後50円玉や100円玉が登場した為…というもの。
正解者は東貴博(Take2)と伊集院光のみ。
番組が用意した模範解答とも完全に一致し、会場は納得の渦に包まれた。

しかし、納得していない男が1人。
もちろん俺。
もともと正解を知っていた俺にとって、この解答は納得できない。
何故なら、出題時に俺が脳内で答えた解答は、ギザギザを付ける理由まで答えていたからである。

確かに問題は「ギザギザがなくなった理由」であって、「ギザギザを付ける理由」ではない。
でも、どうしてそこで疑問に思わないのだろうか…
正解を聞いて、「じゃあどうしてギザギザを付けるの?」って思わない?
むしろそっちを疑問に思うべきだと思うのは俺だけ?(-_-;)

~理由~
硬貨に使用されている金属には、それなりの価値がある。
当然、硬貨の淵を削って儲けを企む輩が出てくる。
そこで、高価な硬貨(自爆)は削られるのを防ぐ為に、淵をギザギザに加工した…というわけです。

~おまけ~
ちなみに、10円玉の表(裏?)の建造物は宇治平等院鳳凰堂。
中堂の屋根の両端には鳳凰が。
この鳳凰、普通は尾が下向き(雄)なんですが、昭和26年~27年初期発行のみ上向き(雌)です。


お疲れ様でした。
今日みたいなのがしばらく続く可能性がありますm(__)m


【今日の1曲】
BETTE MIDLERで、
「ROSE」。
今日久々に聴きました。
この曲は好きだけど、未だに映画は観てないです(笑)
ぱーりー?↑

3CHORDS企画“WHERE HAVE A PARTY?”という事で新宿club Doctorへ。

到着したら2番目のTHE JOHNSON AND JOHNSONが演奏中。

そして3番目、ヴェンチレーターズ
何回も書いてるけど「Mr.LONELY」(たぶん)は本当に泣きそうになる。
で、ラストのレトロウイルスナンバーは超上がる。
今日のテツさん(Vo,Gu)は叫び声がイギーポップみたいでした。

4番目、LA★ROCCA
なんとタッケンさん(Vo,Gu)がレスポールJr.TVイエロー(!)
「ライヴで使う事は
あましない
と思うが。」
(タッケンさんの日記より抜粋)
思ったより違和感なかったです(音も見た目も)。
軽くて小さい分、ダックウォークがやりやすそうでした(笑)
「TRUE ROMANCE」の歌い方に鬼気迫るものを感じた。
かなり盛り上がって終了。

トリは3CHORDS。
突然始まったので、始まった瞬間はフロアガラガラ(笑)
で、どんどん集まってきました(笑)
相変わらずベースの音が完璧。
日々研究中です。
でもトレース苦手です…(-_-;)
「SLOW DOWN」と「LONG TALL SALLY」で終了。

終了後、打ち上げなのか何なのか…ダラダラと飲む。
今までの経験から朝まで飲み続けるパターンでしたが…
そろそろゆっくり寝ないと死ぬので帰宅。


【今日の1曲】
THE STOOGESで、
「SEARCH AND DESTROY」。
最後の叫び声が超カッコイイです。
LET'S BURABURA!

ウルフさん(No.EIGHT)邸で目覚め、帰宅。

そして下北沢BASEMENT BARでライブやってきました。
LET'S GO! Rockin'n'Rollin'”です(!)少々緊張気味(笑)

着いたらCRACKER JACKがリハ中。
3回目の対バンだけど、リハやってるの初めて見ました(笑)
でも当然のようにタモンさん(Vo,WB)はいませんでした(笑)
今野さん(Vo,Gu)のギターが神でした(リハ限定「CARAVAN」)。

そしてリハ。やっぱり音がいい。やりやすい。
CRACKER JACKのリハが短かくて時間が余ってて、全曲やっちゃう勢いでした(笑)

外をブラブラして戻ってオープン→スタート。

1番目、The Carburetors
今回のメンツで唯一知らないバンドだと思ってたんだけど、武蔵境STATTOで観た事あった。
「気をつけろ」と「どうしようもない恋の唄」(THE ROOSTERS)のカバーあり。

で、2番目がうち。
1曲目を「TALKING ABOUT」にしたのは初めての試み。
カバーは、前回のジョニー追悼ライブ(4/23参照)用に用意した「DO YOU LOVE ME」(THE CONTOURS)と、今回用に用意した「TUTTI FRUTTI」(LITTLE RICHARD)の2曲。
酒の量を調整してみたんだけど、ちょうどいい感じだった気がする(笑)
前のほうで盛り上げてくれた皆さん、ありがとうございました。

3番目、CRACKER JACK。
問答無用です。めちゃめちゃカッコイイです。
ライブ直後で疲れ切ってるのに、暴れまくりました。
おかげで疲労が致死量寸前です。
珍しくNAO-KIDDさん(THE RODDY GUSH BOOGIES)も暴れてましたね(笑)

4番目、フリントロックス

テキーラタイム。

5番目、the Crazy Teds

ごめんなさい。
瀕死の重傷であんまり覚えてないです…
とりあえずテキーラ飲まされました。

終了後、打ち上げ。
オールナイトイベントが入ってるとかで、わたみん家へ移動。
あまりの疲労で寝ちゃいました。
起きたら今野さんがいつものノリでした(笑)

6時頃まで飲んで帰宅。
リアルに疲れ過ぎです。


【今日の1曲】
THE CONTOURSで、
「DO YOU LOVE ME」。
ジョニー追悼用に用意したと言っても、あくまでオリジナルバージョンです。
新たな才能

明日がライブなので今日は飲むか飲まないか迷ったけど…飲んじゃいました(笑)
とりあえずNo.EIGHTのリハに乗り込んで、欠席マックさんの代わりにギター弾いたりして、LET'S村さ来
けっこう混んでて、
「空調がきかないお部屋なら用意できますが」
と言われ、
「暑いっつってもサウナほどじゃねーだろ」
って事で中へ。
「あちー!サウナじゃん!」。
新宿club Doctorのバースペースと同じで、たくさん飲ませる魂胆だと思われます(-_-;)
おかげでビールが旨かったです。

その後ビリヤード&ダーツへ。
ダーツの才能がある事が判明したので、いつか極めます。
ビリヤードは…俺こんなに下手だっけ?ってくらいボロボロでした。

そして、ウルフさん邸で就寝。

明日は“LET'S GO! Rockin'n'Rollin'”ですよー!
(時差があるので何の告知にもなってませんが)


【今日の1曲】
THE ADVERTSで、
「ONE CHORD WONDERS」。
全く関係ないけど大好きな曲。
つうか、このバンド自体かなり好き。
EARLY SUMMER BLUES

3CHORDSとMOTO-PSYCHO R&R SERVICEを観に下北沢SHELTERへ。
THE RAIDERS企画“BEER ROCKS Vol.10”らしいです。

1番目は3CHORDS。
新宿club Doctor以外で観るのは2回目かな。
毎回必ず思う事なんだけど、ベースの音が完璧。
どうしてあんなにいい音が出るの?って思う。
音作りって本当に大事ですね。
ラスト前にオオツカさん(Vo,Gu/ドクター店長)の一言。
「どうせ時間も巻いてると思うんで1曲増やします。SLOW DOWN!」
すげ…(笑)

2番目、ジャズネコ
初めて観たけどカッコ良かったですよ。
ミクスチャーっぽいの(語弊1)もありつつ、正統派な歌モノ(語弊2)もある感じ。引き込まれました。

3番目、MOTO-PSYCHO R&R SERVICE。
やっぱカッコイイ。さすが。当たり前だけど全員上手い。
澄田さん(Vo,Gu/VooDoo Hawaiians他)が男前すぎて羨ましいです(笑)
穴井さん(ba/MOSQUITO SPIRAL/ex:TH eROCKERS他)はグラサンがスパンコールでした(笑)
佐藤さん(Ds/ROSSO/ex:FRICTION他)はタムの角度が独特で叩きづらそうなのに…上手い。
「ROCK BILLY BOOGIE」「SOMEBODY'S GONNA GET THEIR HEAD KICKED IN TONIGHT」「BE-BOP-A-LULA」「HEATWAVE」「可愛いアノ娘」等、超満喫。

トリ、THE RAIDERS。
さすがに人いっぱい。かなり盛り上がってた
やっぱりこれだけ企画重ねてると定着してくるんでしょうね。
特に今回は10回目って事で記念日的なノリもあるだろうし。

そしてアンコール。
1曲終わった後、恒例(らしい)のセッション。
モトサイコから澄田さん。ジャズネコからVo,Guの人。
3CHORDSからオオツカさん。フロアからは店長コールが(笑)
曲は「C'MON EVERYBODY」。すっげー良かったです。

終了後ソッコー帰宅。


【今日の1曲】
BLUE CHEERで、
「SUMMERTIME BLUES」(カバー)。
「C'MON EVERYBODY」ときたら、これ(意味不明)。
BLUE CHEERに限らず、めちゃめちゃカバーされてますよね。
初体験はWOODSTOCKでのTHE WHOでした。
で、次が子供バンドでした(笑)
パラドックス

リハでした。
LET'S GO! Rockin'n'Rollin'前の最終調整という事で、まぁそんな感じ(?)です。
楽しみにしててくださいと言いたいところですが、一番楽しみにしてるのは俺だと思われます(笑)


【今日の1曲】
THE JAGSで
「BACK OF MY HAND」。
この曲がねぇ…すげーいいのよ。
Copyright © shinya blog. all rights reserved.
material and template byテンプレート配布 lemon lime

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]miumiu 手帳 motive デニム bal デニム

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。