shinya blog
      
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BE CAREFUL

先日ボンちゃん(No.EIGHT)よりコメントを頂いた(7/10参照)。
コメントの内容は…痔の薬。

というわけで痔について。
痔を一般的に“ぢ”って書くのは変だと思いませんか?
もちろん、正しくは“じ”です。
やまいだれに寺(じ)なんだから当然。
そもそも“ぢ”じゃ漢字変換されないし。

では何故“ぢ”なのか…
事の発端は、業界大手のヒサヤ大黒堂
“ぢ”という看板でお馴染みですよね。
そのヒサヤ大黒堂が自社の広告にインパクトを出す為に使い、それが広まったという説が有力。

というのをコメントの返事として書こうと思ったんですが、せっかくなのでネタにしちゃいましたm(__)m


【今日の1曲】
ZZ TOPで、
「GIMME ALL YOUR LOVIN'」。
1曲というより、アーティスト名で選んでしまいました。
超失礼…
スポンサーサイト
NAMING SENSE

小林製薬をご存知でしょうか?
この製薬会社の製品には目を見張るものがある。

超メジャー製品「ブレスケア」。
息(ブレス)をケアするというシンプルな製品名。
では同じく超メジャー製品の「アイボン」はどうだろう。
目(アイ)は分かるが…ボン?

「ブレスケア」と同じ発想の「キズドライ」。
傷を乾かす(ドライ)、極めてシンプル。
しかし「キズアワワ」はどうだろう。
傷を泡で消毒・洗浄だが…明らかに適当。

これもメジャー製品「あせワキパッド」。
分かりやすいほうがいいとはいえ、少々ストレート過ぎるのでは?
「エアコンのホコリ集めてポイ」と「髪の毛集めてポイ」なんて既に文章。
「トイレットペーパーでちょいふき」も同じ。

シリーズを気取るのはいいが、無理矢理な場合が多い。
「ガスピタン」「カゼピタン」「ナリピタン」…まぁ分からなくもない。
「爪ピカッシュ」「シルバーキラッシュ」…分からなくもないが(-_-;)

そもそもダジャレが多い。
メジャー製品だと「ケシミン」や「熱さまシート」等。
さらに「サカムケア」「ひっぱりンクル」「なめらかかと」「ミズムズ」。
「しみとりーな」に至ってはダジャレなのかすら分からない。

不必要に薬品っぽくするケース。
「ムックミン」「ナイトミン」「ミミクリン」「シビラック」「アッチQQ」「のどぬ~る」「あら熱と~る」。
もはや無法地帯…

最後に、地域限定製品も見逃せない。
「歩くたすけ」「コリホグス」「どこでもシュット」。
お疲れ様でしたm(__)m


【今日の1曲】
LED ZEPPELINで、
「ROCK AND ROLL」。
久々にレコード引っ張り出して聴いた。
「MAGGIE MAGGIE MAGGIE」(THE LARKS)の原曲ですね。
WORLD WIDE

シュールストレミング(写真参照)って知ってますか?
世界一臭い缶詰としてバラエティ番組等でも見かける事があります。
世界一臭いと言っても、もちろん食品なので食べられます。
以前から気になってたので、いろいろ調べてみました。

スウィーデン産で、中身は鰊(にしん)の塩漬けを発酵させたもの。
主に乳酸菌により発酵させ、発酵が最高値の状態で缶にパッキング。
通常の缶詰の過程ではパッキング後に加熱殺菌するが、しない。
すると缶の中で二次発酵し、炭酸ガスが発生。
缶はパンパンに膨れ上がり、完成。
外気の触れない状態での異常発酵により、革命的な臭いになる。

臭気測定器によると…
・たくあん→430
・くさや(生)→447
・納豆→452
・くさや(焼)→1267
・シュールストレミング→8070
めちゃくちゃですね…(-_-;)

臭いを例えると…
・下水の魚。
・腐った塩。
・銀杏(ぎんなん)+くさや+ウンコ+塩辛。
全く想像できません…(-ω-;)

この缶詰の開封時の注意…
・開封前に冷凍室で冷やしてガス圧を下げる事。
・室内ではなく、なるべく屋外で開封する事。
・風下に人がいないのを確認して開封する事。
・炭酸ガスが噴出する為、汚れてもいい服装で開封する事。
これって食品ですよねぇ…(´Д`)

輸出入に関して…
・飛行中は気圧低下により缶が破裂する恐れがある。
・悪臭被害になる為、多くの航空会社では持ち込み禁止。
・よって基本的には船舶による輸出入が主流。
完全に危険物じゃないですか…( ̄□ ̄;)!!

そんなシュールストレミング…パンに塗って食べるのが主流です。
味は辛すぎる塩辛って感じで、意外と普通らしい(臭いけど)。
それどころか、むしろ美味しい部類に入るとか(臭いけど)。
食べた後も胃の中で発酵し続ける(臭い)。

気になった人はお試しください…
と言いたいところなんですが、日本では輸入が禁止されています。


【今日の1曲】
THE BEACH BOYSで、
「SURFIN' USA」。
臭い話だったので、最後くらい爽やかに…
THEN...

いってみましょう。
ボンちゃん(No.EIGHT)'s QUESTION(5/21参照)。

「わんこそばとは普通の蕎麦と違う蕎麦なのですか?」
「わんこそばをゆっくり食べても良いのですか?」

わんこそば関係って雑学本とかでもけっこう多いです。
聞いた事がある由来は2つ。
1つは大勢に配る際、数回に分けて茹でないと一度に配れないので、量を減らして一度に配ったというもの。
もう1つは、殿様の口に合わない場合を恐れ一口だけ出した蕎麦が気に入られ、何倍もおかわりしたというもの。

で…さっき改めて調べてみたところ“わんこ”は戦後にできた言葉なので、後者は微妙かもしれないらしいです。
あ、“わんこ”はお椀の事ですね。

というわけで…
「普通の蕎麦と違う蕎麦なのですか?」
→蕎麦そのものは普通の蕎麦と同じです。
「ゆっくり食べても良いのですか?」
→好きにしてください(笑)

ただし、現在における“わんこそば”は商品名ではなく競技名のようなものなので、ゆっくり食べては意味がありません。


【今日の1曲】
THE ROCKATSで、
「MAKE THAT MOVE」。
何故か今日めちゃめちゃ頭ん中でリピート。
つうか今も。
お辛いのがお好き

ボンちゃん(No.EIGHT)からの新たな疑問(5/21参照)。

「カラシはどうやって作るの?」
「カラシは何か植物から作られるのですか…??」

について。

そのとおり。
“カラシナ”という植物の種から作られます。
植物っつうか野菜ですね。
種はカラシの材料で、葉は漬け物にしたりします。
高菜とかザーサイみたいなもんです。

ここでいう“カラシ”は“和からし”の事です。
マスタードはよく分からないので調べておきます(笑)


【今日の1曲】
THE BEATLESで、
「MEAN Mr. MUSTARD」。
なんか昨日と同じパターンですね…(-_-;)
Copyright © shinya blog. all rights reserved.
material and template byテンプレート配布 lemon lime

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]miumiu 手帳 motive デニム bal デニム

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。